借地権の種類

建物を建てるために他人に地代を払って土地を借りる権利が借地権ですが、借地権は大きく分けて二つあります。どのように分けられるのかということですが、大きく分けると旧法と新法に分けられるのです。

借地借家法旧法は古くから適用されてきた借地法で、もう一つは1992年に施行された借地借家法です。どうして二つも存在するのか疑問に感じた方もおられるでしょうが、基本的に現在採用されているのは1992年から施行されている借地借家法となります。ただ、旧法が施行されているときに貸し借りした土地についてはあくまで旧法に縛られることになります。

どうして1992年に新しく借地借家法という法律ができてしまったのかということですが、もともとあった借地法だと借主の権利が強くなりすぎたからです。土地を借りる側の人間は地主に比べて経済的にも立場的にも弱いことが多いですし、そのため借地人の権利を強くしていました。その結果、地主の権利が弱くなってしまい、貸した土地を返してもらえない、引き渡してもらえないといったトラブルも多発するようになってしまったのです。多くの地主から反発の声も上がるようになり、結局1992年に新しく借地借家法が誕生したということです。