借地借家法の種類

1992年の8月以降から土地を借りたという場合は借地借家法が適用されることになります。この借地借家法にもいくつかの種類がありますからしっかりと覚えておきましょう。

種類まず、普通借地権は契約期限は決められているものの更新することで半永久的に借りられるという権利で、定期借地権は契約期間50年以上で更新はなく契約終了後に土地を更地にして返還する義務が生じます。事業用定期借地権は事業用として土地を借りる場合に適用されるもので、契約期間は10年以上50年未満となっています。

建物譲渡特約付借地権は土地所有者が建物を相当の対価で買い取るというルールがあり、契約期間は30年以上となっています。一時使用目的の借地権は工事の仮設事務所、プレハブ倉庫などのために一時的に土地を借りるときに適用されるものです。ここまででご説明してきた通り、借地借家法には5つの種類があります。一般的な生活を送っている方にもっとも関わりが出てくるのは定期借地権でしょうか。定期借地権では定期借地権付きの戸建てやマンションを住宅用として土地を賃借することになります。借地権つきの家を所有している、相続するといった場合は契約期間を確認してみましょう。