借地借家法の種類

1992年の8月以降から土地を借りたという場合は借地借家法が適用されることになります。この借地借家法にもいくつかの種類がありますからしっかりと覚えておきましょう。

種類まず、普通借地権は契約期限は決められているものの更新することで半永久的に借りられるという権利で、定期借地権は契約期間50年以上で更新はなく契約終了後に土地を更地にして返還する義務が生じます。事業用定期借地権は事業用として土地を借りる場合に適用されるもので、契約期間は10年以上50年未満となっています。

建物譲渡特約付借地権は土地所有者が建物を相当の対価で買い取るというルールがあり、契約期間は30年以上となっています。一時使用目的の借地権は工事の仮設事務所、プレハブ倉庫などのために一時的に土地を借りるときに適用されるものです。ここまででご説明してきた通り、借地借家法には5つの種類があります。一般的な生活を送っている方にもっとも関わりが出てくるのは定期借地権でしょうか。定期借地権では定期借地権付きの戸建てやマンションを住宅用として土地を賃借することになります。借地権つきの家を所有している、相続するといった場合は契約期間を確認してみましょう。

  • コメントはまだありません

借地権の種類

建物を建てるために他人に地代を払って土地を借りる権利が借地権ですが、借地権は大きく分けて二つあります。どのように分けられるのかということですが、大きく分けると旧法と新法に分けられるのです。

借地借家法旧法は古くから適用されてきた借地法で、もう一つは1992年に施行された借地借家法です。どうして二つも存在するのか疑問に感じた方もおられるでしょうが、基本的に現在採用されているのは1992年から施行されている借地借家法となります。ただ、旧法が施行されているときに貸し借りした土地についてはあくまで旧法に縛られることになります。

どうして1992年に新しく借地借家法という法律ができてしまったのかということですが、もともとあった借地法だと借主の権利が強くなりすぎたからです。土地を借りる側の人間は地主に比べて経済的にも立場的にも弱いことが多いですし、そのため借地人の権利を強くしていました。その結果、地主の権利が弱くなってしまい、貸した土地を返してもらえない、引き渡してもらえないといったトラブルも多発するようになってしまったのです。多くの地主から反発の声も上がるようになり、結局1992年に新しく借地借家法が誕生したということです。

  • コメントはまだありません

借地権について

借地権という言葉を耳にしたことがある方もおられるでしょうが、あまり普段の生活で耳にするような言葉でないことは確かです。不動産関連のお仕事をされている方、法律に詳しい方だと借地権についてもご存知かもしれませんが、ごく普通の生活を送っている方からすると初めて耳にするかもしれません。借地権を簡単に説明すると他人から土地を借りる権利ということになります。建物を建てるために地代を支払い土地を借りる権利です。

借地権あくまで建物を建てるために土地を借りる権利ですから、駐車場や資材置き場といったものは含まれていません。借地権には地上権と賃借権の二つが存在し、それぞれに特徴があります。賃借権は建物を誰かに売却するときには地主に許可を貰う必要があるのですが、地上権ではそれが必要ありません。地上権の場合だと自由に売却をすることが可能になるのです。借地権について知りたいのならまずは賃借権と地上権という二つの権利があることを知っておきましょう。

このサイトでは、借地権についてもっと知りたい、勉強したいという方のためにさまざまなお役立ち情報を記載しています。土地や建物の売買をするときにはこの権利についてしっかりと理解しておく必要もありますし、不動産関連の資格試験では借地権に関する問題もたくさん出題されるでしょう。ここでは借地権の種類についてまずご説明しますし、できるだけ分かりやすくお伝えしようと思いますからぜひ参考にしてください。

  • コメントはまだありません